2017年01月17日

VOCALOID 4 editer

ボーカロイド4を買いました。
同時購入のライブラリはCyber Divaです。

CyberDivaは英語専用なので、4の目玉である4種類の歌声は出来ません。
グロウルという唸るような機能はあります。
これはロック系の力いっぱい歌うシーンでは有効と思われます。

ボカロ2のファイルを読み込むことが出来ます。
ただし、逆にボカロ4で保存したファイルをボカロ2で読むことは出来ません。

ですから、ボカロ2と4でそれぞれのライブラリを使う時は、最初に2で完成させて、完成パートはWAVファイルに落として、次に4で読み込んでボカロ4ライブラリを使って完成させる。
次に、2と4で作ったWAVファイルをシーケンサーの適切なトラックにインポートする。という手順になります。

もう少し簡潔な方法を模索中です。

posted by ルカ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーカロイド

2016年10月11日

VOCALOID Editer

VOCALOIDはバージョン4です。
私はバージョン2を持っていますが、調べてみると結構機能が追加されています。
ボカロで皆が思うのは表情だと思います。
V4では、表情をつけるための新しい機能があるようです。

しかし、それはすべて日本語バージョンの話です。
英語バージョンになると、まだ同様の機能は発表されていません。
あるいは技術的に出来ないのかもしれません。
日本語は発音が単純です。
子音+母音、あるいは母音のみ、の2種類だけですから。
posted by ルカ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーカロイド

2016年09月05日

ボカロの英語の発音

世の中にはボカロの調教という情報が沢山あります。
なるべく人間らしく歌わせたいと思っている人が多いという事ですね。

抑揚をつけたり息継ぎさせたり、いろいろありますが、歌詞の問題もあります。
表情をつけるために歌手エディターがあります。
しかし基本は日本語なので、英語の歌詞については自分で工夫しないとだめです。

ネイティブの歌を聴くと、必ずしも正しい英語の発音をしている訳ではありません。
単語が詰まっている個所などは、適当に発音を省略しています。
でも巡音ルカは、これが苦手です。
1音ごとに発音記号をいじってやる必要があります。
posted by ルカ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーカロイド